去勢避妊ってそんなに可哀相な事ですか?


ドキドキいつも沢山のコメント&応援ポチありがとうございますドキドキ


昨日の60頭 多頭崩壊の記事をブログ記事にしていただいたり

拡散していただいたりありがとうございます。


本当に考えられない事ですよね。


今までも何件もこのような記事を見てきましたが

どうして一向に減らないんだろう。



今日もそのまま行きます!



我が家は全員去勢避妊済みです。



まず最初に迎えたつぐタン。


つぐみを迎えた時は多頭飼いをするつもりもなかったんですが避妊しました。


多頭にするつもりがなかったのなら避妊しなくてもよかったんじゃないの?と

言う方もいるかもしれませんが避妊することにより将来の病気のリスクをさげたかった。


もちろん100%ではないのは分かってますがそれでもリスク下がるなら・・・


でも手術終わって1泊入院で次の日に迎えに行って物凄く後悔しました。


物凄い勢いで威嚇し続けるつぐみ。


麻酔覚めてから多分一睡もせずにずっと威嚇し続けてたそうです。


それが母さんの顔見たらその威嚇もピタッとおさまり「ニャ~」と可愛く鳴いてくれて。


こんな辛い思いさせるなら避妊なんかさせなければよかった、と帰ってきて

2日間寝続けるつぐみを見て号泣しました。



その約半年後に迎えた春緋。



春緋も7カ月で去勢手術しました。


つぐみの時に凄く後悔したのに手術に踏み切ったのはやはり病気のリスクと

ストレス。


お腹を切らない男の子の方が負担も軽く当日帰宅で迎えに行きました。


まだ完全に麻酔から覚めずふらふらしてる姿にまた涙。



最後に海理。



海理は停留睾丸だったのでなんの迷いもなく手術に踏み切りました。


犬の停留睾丸の場合、その多くが癌になってしまうから。


でも術後の経過が悪くて1番大変でした。


鼠頚部にあった片方のタマタマを穴を開けた袋の方から探って取ってもらったため

お腹全体物凄い内出血。


傷口自体は袋の小さな穴のみだったんですけどね。




去勢避妊に対して否定的な人もいると思います。


「健康な体にメス入れるなんて」「去勢避妊は人間のエゴ」などなど。


正直つぐみの子供が見たかったとも思います。


だって、可愛い娘のつぐみから生まれる子は私にとっては孫でしょ。

可愛いに決まってる!!


でも、それよりもつぐみに長生きしてほしかった。


つぐみに限らず春緋にも海理にも。


発情のストレスもなく穏やかに過ごしてほしかった。



不妊手術をすれば発情に左右されず穏やかにいつまでも子供気分で過ごせます。



「そんなの本来の動物の姿じゃない」という方もいるでしょう。


でもそもそも人間に飼われる事自体もう自然の姿ではないんです。


守れるのは飼い主のみ。


「可哀相だから・・・」「お金かかるから」なんて理由で手術を怠り

どんどん増えて多頭崩壊なんて本末転倒。


去勢避妊なんて地域にもよるでしょうけど1万~3万で出来ます。


その数万を惜しんだために可哀相な子達をどんどん誕生させ

周りの方々に多大な迷惑をかける無責任この上ない行動。


きちんと管理して女の子男の子を別々に飼えるようなお宅ならそれもいいでしょう。


でもそれが出来ないのなら、不幸な命を増やさない為にも

必要な事だと思います。


本当はもっともっと色々思うところはあるんだけどうまく言葉がみつかりません。


もちろん大事に育ててる方も多くいますが、動物の命を軽く見る方が多いのも事実です。


自分より弱いものには優しくしなければいけない!と教わらなかったのかな。


教わらなくてもそんな当り前にこと分かるだろうに、それが分からないのは

人として心がないのかな?


思いやりがないのかな?想像力もないのかな?


簡単にすぐ保健所に連れていく人もいますが、自分がその立場だったら・・・

とは考えないのかな?


虐待する人も同様。


自分がされたらどう思う?



ブログを始めてから多頭崩壊の記事やもっとひどい記事を目にする事が多々あります。


それらを見る度に思うのは「結局私には助ける事が出来ない」という事。


その度にとても辛く悲しい気持ちになります。


せめて少しでも多くの方に知ってもらえるように拡散することしか出来ません。



福岡での多頭崩壊 


最初は3頭から60頭まで増えてしまった子達が新しい飼い主さんの元で

幸せに暮らせる日が来ますように!


TNR-博多ねこ ←詳しい事はこちらで。








☆2つのランキングに参加してます☆



にほんブログ村                  人気ブログランキングへ



お帰り前にポチポチっと応援してもらえたら嬉しいですo(^▽^)o


ポイントアップすると母さんのやる気もアップします♪


スマホの方はパソコン版にしてもらえるとポイントに反映しますm(u_u)m








スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

1. 無題

アビの前の子は 外で飼っていたので 迷うことなく避妊しました
彼女は 新しい家が決まらず翌日保健所に連れていくと飼い主が行っていたので 我が家で飼う事にしました
子供を見たいと思う気持ちもありましたが
飼い主を見つける自信がないので手術しました

アビは家族が反対だったので 去勢手術していません
ジョナも獣医に進められましたが 家族の反対で手術していません
それが良かったかどうかはわかりませんが
飼い主さんの決断は その子にとって一番良い方法だと信じていますpp

2. 無題

おはようございます

去勢避妊については賛否両論あるんだと思いますが。。。
多頭崩壊の記事や悲しい記事多く目にするたびに
同じように思います

自分は可哀想だなって思うだけで
救ってあげることもできない。。。

大切な家族がしあわせに暮らしていけるように
責任を持つことは飼い主としてあたりまえですよね。。。

自分の子にしか責任もてないけど
こういった悲しい現実を知らない方が見られて
少しでも意識の持ち方が変わるといいですね

ちなみにうちは二人とも女の子ですが
ストレスになるからと~
避妊手術後も当日退院だったんですよ

それもちょっとドキドキしましたけどね

病気のリスクが減るのは大きいし
アパートなどで迷惑もかけないですむので
一緒に暮らしていくうえで必要だと思います

3. 無題

ワタシの実家では男の子と女の子のワンと
暮らしていましたが、まだ当時は避妊去勢が
当たり前、という風潮になってく前だったことと
動物病院の数も多くなく、近所になかったことなどから
親世代の考え方が今のようには至ってなくて
実家ワンたちは未避妊・未去勢でした。
でも、女の子の方は20歳迄長生きしてくれたものの
20歳の高齢で子宮の病気に・・・。ワタシは・・・
そういう経験もあったし、ランランね~ねとグレープね~ねが
1歳超えて未避妊でうちに来て発情時の苦しげな
鳴き声を聞いたのもあるしで避妊去勢を考えずに
迎える、ってことはやっぱり考えられないですね・・・
ブリーダーでもないし^^;。『種』をきちんと
後世に残していく、と真面目にきちんと
様々なことを勉強されているはずのブリーダーさんの中にも
一部ですが利益のことしか考えない方もいらっしゃるけど・・・
ワタシも、マロンやパセリがママになった姿を
見たかったかも、と思う時はありますが
でも生まれてくる子は1にゃんではないですもんね。
マロンママのように9ニャンも産んだらその全ての子に
責任を持たないといけないし。と・・・いうようなことを
考えられない人がいるんですよね・・・残念ながら。
少しずつでも・・・無責任な考えでいる方々の
意識を変えられることが出来ればな・・・と
思う日々です。
なんだかとりとめのない掴みどころのない
文面になってしまってごめんなさいね。

4. 無題

こうやって問題定義して、考えてもらうキッカケになれば有難いね。
必ず避妊去勢しなさいよ って言ってるんじゃなく、しないなら より一層の注意を払ってあげて って。
1番苦しむのは猫さんやもんね。
何も知らず、ポコポコ産まれてきたんやと思うと、胸が締めつけられるよ(T_T)

5. 無題

要は 自分が どこまで責任持てるかだよね。

私も多頭飼育で 仔猫が生まれても 里親 見つけるなり 自分で育てるなり 出来ないなら 避妊 去勢は当たり前だと思ってる。

もちろん このコの子供が生まれたら…って考えた事も あるけど ひとり、またひとり増える度に 血液検査、避妊、去勢は 必然的に やってます。

サカリが来る度に 産ませる気もないのにストレスをあたえたくないしね。

でも毎回 手術の度に 心配しまくるし お迎え行って顔を見ると無事で良かった、ごめんねって。

お外で暮らしてた めぃちゃん、せりちゃん、はるくん、なっち、り~くんも捕まえ、避妊、去勢手術させてコヮィ思いさせちゃったけど これ以上 ぉ外での過酷な生活をするコが増えないように、ご近所さんに迷惑がかからないようにって私の考えでしたけど
にゃんらには 良かったのかは わからない。

世の中、皆が、ぉ外で暮らす にゃんらに優しい訳じゃなぃからね。

高槻の仔達も 避妊 去勢はおろか検査もしてなかったし 何しろ飼い方を知らない飼い主だったからね。
『猫って水 飲むんですか?』
って 人だったからね。

トイレも知らなかったし。
飼うのは ぃぃけど飼い方を知らない人って 結構 居るのかもね。

初めて飼う方で 本を買って知ろうとする方も居れば何もしなくても生きると思う人も。

ねこの家のOさんや
愛護団体でボラをしてる方が おっしゃってたけど

この活動をしてて やっかいなのは、話を聞かないのは にゃん嫌いな方より
にゃんを飼ってる人の方が多いって。

仔猫が生まれたと言ってはしょっ中 保護部屋に何とかしてくれと連れてくるから避妊をすすめ、協力しますょと言っても 可哀想ってせず、また生まれては連れてくる人や、マナーのなってない餌やりでトラブルになってるからOさん達が間に入り、ルールを決めて、これ以上増やさない為に手術して、マナーよく餌やりをする事を周りの方達と話し理解と了承を得ましょうと言っても 私は悪くない、悪いのは文句を言う周りだと聞く耳持たず、あげくには丸投げして逃げる人とかね。

にゃんらは悪くなぃ、悪いのは人間なんだょね。

悲しいけど そういう考えや 自分達と違う考えを持つ人は 居るって事だょね。

6. 無題

アメリカも日本同様、去勢しないで外飼いしている無責任な猫飼いさんがいて驚くことがあります。今から春にかけてそろそろ、去勢していない外飼い男の子猫達は女の子猫の奪い合いで喧嘩したりして、激しく鳴いています。それはそれで自然の姿なのかもしれないけど、不幸な猫を増やさないためにもしっかり管理して欲しいですよね。

ただ、アメリカはラグドールに関しては非常に厳しくて、ブリーダーさんが子猫の去勢、避妊手術が済んでからじゃないと引き渡ししてくれないのです。なので、生後3ヶ月くらいで手術となるのでそれも可哀想で胸が痛みました。私が知る限り、ラグドールだけはアメリカ全土のブリーダーがそうしているはずだと言っていたので、一般の人が勝手に繁殖しないよう厳しく管理しているのかも。でも、それくらいしないと不幸な猫が減らないかもしれないですね。

7. 無題

残念ながら我が家は
トマスが未処理!
bbが未処理!
立派なたまたまがついたままです…
どちらも健康上のトラブルから手術に踏み切れず!
トマスは今年こそとおもってます!
ほかの猫らは全員スミ^_^

飼い主の義務でもありますよね^_^

8. こんにちは

うちは避妊してますが
やっぱり色んな病気のリスクや子供を残すこと
考えてなかったので迎えたその年の発情の時期にしました。たまに脱走もしてたしね(;^_^A
色んな考えがありますよね。
どこまで責任もって見れるかですよね。(゚ー゚;

PP

9. 無題

避妊・去勢しないという選択の先にあるリスクも全てしょって責任持てるのであれば、何も言うことはないんですけどね…
結局崩壊したり、お外に出して無責任に子猫を増やす、または捨てるといったことをするのは問題ですよね。
しろくまも去勢されないまま捨てられてFIVキャリアになったわけですから、私個人は避妊・去勢は飼い主の責任として全うして欲しいと思います。

10. こんにちは。

こういうことを記事にしてもらえるのすごくいい!!

命にかかわることには、
いろんな考え方もあると思いますが、
わたしもほとんどママさんと同じ考えですよ。
でも、言いたいのはそこじゃなくて、
飼い主は丸ごときちんと最後まで
責任を取れってことですよね。
去勢、避妊のことも含めて。

ペットと暮らすってそういうことですよね。

人でも動物でも・・いじめちゃダメ!
そんなこともわからない人間がいるなんて、
悲しいですよね。

11. 無題

うちは 姫とハクの子供が 無事産まれたら しようと思ってます

なるべく 病気をしてほしくないというのが本音ですよね

チビニャン達も 6ヶ月たったらみんなする予定です

12. こんにちは^^

去勢避妊手術は飼い主さんの自由だけど
最後まで責任持てなかったら、
そもそも猫さん飼う資格が無いと思います。

我が家の室外自由な先代猫が
去勢してなかった時、雌猫さんを追って
交通事故になりそうになって
あわてて去勢しました。

こちらも最初は自然の摂理に反してるようで
罪悪感に苛まれたけれど、猫さん達の
病気のリスクや発情した時の可哀そうな
姿見ると、去勢避妊ですよね。

多頭飼い崩壊で可哀そうなのは
飼い主を選べない猫さん達、飼い主さんには
責任持った飼い方をしてほしいものです。

13. 無題

去勢避妊、病気予防にも、ストレス減らすためにも賛成です。
増やしたい方はともあれ、そうでないなら手術してあげないと
かわいそう。自然のままに、ってねー?家で過ごしてもらう
時点でもう自然じゃないし。つぐママさんと同意見です。

ましてや、こんな崩壊・・・
アメショ風の子が沢山いて、とても気になります。
近親交配しちゃったんですね、かわいそうに。

花沢さんは何度か出産したそうで、ようやく4歳のときに手術してもらえています。
婦人科系の病気がシニアになって出ないことを、願うばかりです!

14. こんばんは

避妊、去勢、意見は色々でしょうが人間との共生とリスクを考えたらやはり行った方が良いと思いますね~
脱走の防止、それに伴う病気の感染と。。。

我が家も幸に子供をと考えた時期があり避妊が少々遅れました。
多少は余韻が残っているようですね。

特に男の子のスプレーは飼い主のストレスにもなりますから必要だと。。。

ポチポチ☆

15. こんばんは~

家族としてお迎えして子供産ませないなら
避妊去勢するのは全然可哀相な事とは思いませんよ!
うちも発情期迎える前(7ヶ月)に去勢しました。
去勢避妊を絶対やらなきゃダメとは思いませんが
去勢避妊しなくてもしっかりと責任持てれば良いんですよね。
すべての責任は飼い主にあるのに責任持てないなら最初から飼わないでほしい(→o←)ゞ
増えたら飼育放棄や処分なんて許せないですね!
犠牲になるのは何の罪のない子達で悲しくなります。

16. 無題

こんばんは。

マリンを飼ってからいろいろと猫のことについて調べた中に、去勢避妊しないのは相手のいない子にとってとても残酷なことだとありました。

手術の是非についてはそれぞれの考えでよいと思いますが、すべての命に対して、最後まで責任を持つ覚悟が必要なのだと思います。

手術をするうえで将来の病気に対するリスクが減るというのには、心が救われました。

今回の多頭飼いの崩壊は、虐待も同じだと思います。
お金がないのは理由にならないですよね・・・

17. 無題

可哀相なんでしょうか?
聞けるものなら本人に聞きたいです。

我が家ももきらに長生きしてほしくて
去勢手術にふみきりました。

理由は先代猫が去勢手術が受けられず・・・
発情期の可哀相な鳴き声と姿には毎回心を痛めました。
6歳という若さで亡くなったのも、手術が受けられなかったのが原因かもしれない
そう思うと、リスク軽減の為に出来ることはやろうと思いました。

飼い主のエゴと言われても、
私達にとっては家族だから、一日でも一緒にいたいし、長生きしてほしい。
そう考えるのは悪いことではないと信じています。

つぐママさんのいうように、孫の姿を・・・
と思う気持ちもありましたが、
今の元気な姿を見ると早くに受けさせて
よかったと思ってます。


ペットじゃなくて、家族として暮らしてほしいですよね。

18. 無題

心が痛いですね・・・(-"-;A
本当に、「何故?」って自問自答しました。
答えなんて出るハズがありません。
結局は、その人個人の問題ですもんね。

ただ、何が違うか・・・考え方・捉え方一つ
ですよね。
家も、トキオ・アキコ・はるみ・先代のキャティ
皆手術を受けました。迷いなんてなかったです。
つぐママさん、皆さんの意見と同じです。
どういう経緯であれ「家族」として迎えたんです
から。

3匹が60匹って・・・
ごめんなさい。「死んでしまえ!」って思いました
その人間にですよ(汗)

19. 無題

去勢不妊手術って
正解がないんですよね…


うちは男子も女子もいたので
迷いなく手術しました。

ただ、ママニャンズを手術したときは
なんとなく罪悪感のような…

そのときは、まだ
「うちのコ」じゃなかったし

とりあえず
仔猫が増えたら困るからって。

その時点で
エゴなんだと思いました。

すっごく脅えてて

耳カットの血が
まだ止まってなくて

赤い血が…

心が痛かったです。

でも、共存するには
そうするしかなかったんですよね。

罪のないコが 弱者が
いつも犠牲になる世の中。

生きにくいです。

20. ご無沙汰しちゃいました

久しぶりに変わらない美猫つぐちゃんを見て、可愛い赤ちゃん見たかったと思いました。でもママさんのいうように元気で長生きしてもらう為ですもんね。お星さまになったワンコは母性愛が強くて(なんせ暴れん坊ヒナの手なずけたくらい)子供産ませてあげたかったと思うこともあるけど、どんな形にせよ責任を持って幸せな一生を送らせてあげることが一番ですよね。

21. 無題

我が家も完全室内飼いで、単頭飼育なので
子どもを増やさないという意味だけなら
避妊手術は必要なかったケースです。
でもつぐママさんと同じように
将来の病気のリスクを減らすことや
発情のことを考えて、避妊手術をしました。

いくら簡単な手術でも麻酔などのリスクはありますし、
犬猫にとっては大きなストレスだとは思います。
でも病気で弱ってからの手術と比べたら
若くて健康状態のよいときを選んで受けるのは
回復力が違いますよね。

避妊・去勢手術を受けさせる飼い主さんは
みんな平気で可哀相な事をしてるわけじゃなく、
すごく心配して痛みを共有してると思います。
それが一緒に生きていくってことですよね。

22. 無題

わかります・・・
わたしもとってもとっても悩みました・・・
飼い主のエゴかもしれないですが
病気のリスクが下がり
少しでも長い時間健康で
長生きしてほしい!!
そんな思いでぷにぽぽ。も避妊去勢済みです。
悩みますよね。。。


^^p

23. 無題

実で飼っていたヒマラヤンの永吉。
父の主義により、非去勢のお出入り自由猫でした。

たくさんの子孫を残すも、当猫は8歳で内臓ぼろぼろで猫生を終えました。

たくさん子孫を残せて良かったね(青い目の長毛は飼いたがるお家続出)なのか、

去勢していれば、もっと長く生きられたのに…

なのか。

何十年経っても正解はみつかりません。


でも、私の家族は、心の底から永吉を愛してましたよ(  ̄▽ ̄)

永吉にしたら、それで十分だったのだろうと思います。

24. 無題

つぐままさん、私もつぐままさんと
同じ思いで手術しました。
つぐままさん、言葉、上手です。
私、おなじおなじ~って言うだけで
ここまできちんと書けないもの。

色んな意見はありますが、どれも
自分の大切な子を思ってのことだったら
間違いではないと思います。

この、多頭飼いはそもそも血縁関係
でしょう?間違ってるよね。

はるは1泊での手術だったのだけど
置いてくる時の目と、お迎えに行った時の
お顔、泣けました。
今だったら、もう、置いて来るなんて
無理かも。。。
想像したら、泣けてきた~。

25. 無題

おはようございます!

私もつぐママさんと同じです。病気のリスクが減らせるなら…長生きしてもらいたい!1日でも長く…との思いから詩音の去勢をしました。
詩音を病院にお願いし帰り道は、ボロ泣きで車を運転できず路肩にとめてしばらく泣いてたな…。

去勢避妊には、色々な意見がありますよね。
人それぞれ考えが違うから当たり前なんだけど…
多頭崩壊…ありえない!どうしてこんな人間がいるんだろう理解できない…心が苦しくなりますね。
プロフィール

つぐママ♪

Author:つぐママ♪
メインクーンのつぐみ、ラグドールの春緋、トイプードルの海理との賑やかな生活♪

最新記事
長女 告美(つぐみ)メインクーン   
毛色:ブルータビー・元女の子
つぐみ

20158141
長男 春緋(はるひ)ラグドール     
毛色:クリームポイントミテッド・元男の子
春緋

20158144
次男 海理(かいり) トイプードル
毛色:クリーム・元男の子
海理

20158142
父さん
会社員☆2月27日生まれ B型
母さん(ブログ主)
自営トリマー☆8月5日生まれB型
動画









日本ブログ村
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR